宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]日本三景としても有名な松島町

給湯器は先進国であればほぼ全ての家にある設備だと言えるでしょう。毎日入浴する習慣のある日本の家庭でもほぼ全ての家庭に給湯器があるでしょう。

給湯器は水だけでなく、加熱するための電気やガス、石油なども複合的に使用している設備であり、家の周辺で燃焼する設備であるため様々な安全装置が付いています。

過熱による燃焼以外に、不完全燃焼による一酸化炭素など故障した際にはさまざまな危険性があります。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]古くから歌枕として知られてきた松島

松島町は宮城県にある町です。太平洋に面した湾岸地域にありますが、その海岸線は内湾にあります。松島と言えばもっとも有名なのは江戸時代の俳人松尾芭蕉の句でしょう。

しかし「松島や ああ松島や 松島や」という句が松尾芭蕉の句だと広く信じられていますが、実際のところは松尾芭蕉の句ではないというのが多くの権威による見解となっています。

芭蕉はあまりの美しさに句を作れなかったと言います。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]松島は日本三景としても有名な場所です

それほどの美しさを持つ松島は太平洋に面した海の代表として、日本海沿いの天橋立、瀬戸内海の宮古島と並んで日本三景として古くから景勝地として親しまれてきました。

古くは9世紀からその風景を多くの歌人が歌に読み込んでいます。松島町の人口は減少傾向にあり現在では約14000人です。松島町の主要な産業は観光と水産業です。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]お湯を供給するために使われているさまざまな部品とは

給湯器にはさまざまな部品からできています。その多くは正確にお湯を給湯するための部品であったり、また安全に給湯器を使用するための部品です。その部品には調節を行なう機能のものが多くあります。

それらの部品は水量サーボや過熱防止装置、サーミスタや水位センサー、凍結予防ヒーターです。水量サーボと呼ばれる部品は、以前は自動水量制御装置と呼ばれる部品が使われていました。

これは入ってくる水の温度に応じてできるだけ多くのお湯を出せるよう調節する装置です。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]給水温度から供給するお湯の量を調節する装置

しかし、最近の給湯器は自動水量制御装置に代わって、水量サーボを使用している場合があります。これは自動水量制御装置とは違い、入水温度だけでなく設定温度も計算して最大の給湯量を調節する装置です。

これらの最大給湯量を調節する装置である、自動水量制御装置や水量サーボが故障した場合には給湯器としてきちんと機能しなくなってしまう可能性があります。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]自動水量制御装置や水量サーボが壊れた際には

自動水量制御装置や水量サーボが故障している場合には供給されるお湯の量が不安定になってしまうという傾向にあります。瞬間式の給湯器を利用しているときに、蛇口を全開にしても給湯量が安定しないことがあります。

また、出るお湯の量が安定せず給湯量が増減している場合もあります。こうした場合には水量サーボが故障している可能性があります。

また水量は多いが給湯温度が上がらないという場合も入水温度に対して出るお湯の量が調節できていない可能性があります。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]不完全燃焼を起こしたときに起こるトラブル

故障しておこりうるトラブルとして一酸化炭素中毒というものがあります。これは給湯器のガス設備などの燃焼設備が故障をし、不完全燃焼した際に起こりうるトラブルです。

火は燃える際に酸素を必要とします。燃焼は空気中にある酸素を激しく反応する反応だからです。しかし酸素が足りなかった場合に不完全燃焼が起こります。

この際に発生する一酸化炭素というものが人体にとって非常に悪影響を及ぼすのです。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]一酸化炭素の危険性とは

酸化炭素は吸収してしまうと、赤血球と結びついてしまいます。すると赤血球が本来の働きをすることができず酸欠を起こしてしまいます。

症状としては頭痛、めまい、吐き気などがあります。ひどい場合には意識不明となってしまい、死亡する可能性もあります。

火事の現場などで煙に撒かれて一酸化炭素中毒になってしまい逃げられなくなってしまったため亡くなってしまうことなども多くあります。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]COセンサーが故障していることも

給湯器が不完全燃焼を起こしているときには給湯器は普段とは違う挙動をします。中学の理科の実験でガスバーナーを使ったときそうであったように、ガスはきちんと酸素が供給された状態で燃焼すると青色の炎になります。しかし酸素が足りず不完全燃焼をすると炎が赤くなります。

また異臭がしたり、火が消えてしまったり、煙が出たりすることもあります。最近の給湯器にはCOセンサーという一酸化炭素を検知する装置が付いていますが、それが故障しているときには自動で運転を停止することはありません。異変を感じたときは給湯器の使用を中止しましょう。

トップに戻る