宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]大崎平野は世界農業遺産に選ばれた穀倉地帯

最近の電気給湯器は深夜の電気使用料金が安い間にお湯を作っておき、それを利用しています。

そのためコストが一定で済み、使用頻度が高くても年間を通して大きくコストが変化することはありません。

またガスや石油の場合、火に酸素供給を行わなければならないため、送風ファンの駆動音がします。しかし電気給湯器の場合は火を使わないため使用中も非常に静かです。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]「東の横綱」鳴子温泉、「世界農業遺産」大崎耕土の水田農業システム

大崎市は宮城県にある自治体です。宮城県の広域行政促進地域ではその名の通り大崎地域にあります。その市名にもなっている大崎平野は北海道・東北地方で初めて世界農業遺産に選ばれた日本有数の穀倉地帯です。

また鳴子温泉、東鳴子温泉、川渡温泉、中山平温泉、鬼首温泉の5つの温泉を合わせた鳴子温泉郷でも有名です。また鳴子温泉は首から音が鳴る鳴子のこけしでも有名です。
夏にはこけし祭りも行われています。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]大崎の由来と現在の主要産業

もともと大崎という地名は室町時代にこの地域を支配した豪族・大崎氏の苗字に由来している。もともとの大崎は現在の大崎市だけでなくその周辺の加美郡や遠田郡などの周辺地域も含んだ地名でした。

2006年に旧古川市を中心に岩出山町、鳴子町、田尻町、三木本町、松山町、鹿島台町が合併して発足しました。商業などの旧古川市、温泉として有名な鳴子とスキー場として有名な鬼首などの観光業、そして世界遺産に選ばれた稲作や大豆生産などの農業が主要な産業です。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]給湯器に欠かせない電気

給湯器を動かすには必ず電気が必要になります。例えば電気給湯器の場合、給湯器そのものを制御するコンピュータを起動するためにも電気を使います。

また水を加熱してお湯に変えるためにも電気を利用します。電気給湯器は電熱線に通電をしてお湯を作ります。そのため直接ガスや石油を燃焼して火を用いるガス給湯器や石油給湯器に比べると火災や一酸化炭素中毒などの事故が発生する可能性が低くなります。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]寿命が長い電気給湯器

事故が起こりにくいという点以外に電気給湯器にはどのようなメリットがあるでしょうか。火を使わないということは、その設備の寿命を長くするという利点もあります。

直接配管を温めるガス給湯器や石油給湯器と比較して設備が長持ちするというということです。ガス湯給湯器や石油給湯器は通常その寿命が10年程度だと言われています。しかし電気給湯器の場合、その倍の20年ほどかかると言われています。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]貯湯式の優位点とガスや石油を必要としない利点

また緊急時にも強いことがあります。瞬間式の給湯器の場合、作った分をそのまま使うという形をとるため、緊急事態が発生してガスの供給が止まった時などにお湯を使うことができません。

しかし貯湯式の電気給湯器はその時に給湯するわけではないので残っているお湯をしばらく使うことができます。また電気と水だけで使用することができるため、災害時の復旧もガス給湯器と比較すると早く復旧することができます。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]貯湯タンクに必要なスペースの問題

しかし、新しく作られる給湯器が全て電気ではないということは電気給湯器にも弱点があるということです。では電気給湯器を使うに当たっての弱点は何でしょうか。

まずはそのサイズが非常に大きいことがあります。貯湯式の給湯器はそのお湯を貯めるタンクが必要になります。そのためどこかにその水をすべて貯蔵できるだけのスペースが必要となってきます。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]湯切れを起こす可能性

またその貯蔵した水を使い切ってしまうとお湯が使用できなくなる湯切れを起こしてしまう可能性があります。電気式の場合、一度水がなくなってしまうと炊き上げるまで五時間ほどかかってしまうこともあります。そのため湯切れを起こすと翌日までお湯が使えないという可能性もあるのです。

その使用頻度や使用量に合わせてタンクの大きさを選ぶ必要がありますが、大きいものは当然価格も高く、また必要な体積も大きくなってしまいます。また水道管と直接繋がっていないため使用時の水圧が低いこともあるでしょう。

宮城の石油・ガス給湯器の修理・交換[シマツ]給湯器を購入するときには総合的な判断を

給湯器はその地域や世帯の構成人数、また生活時間帯や生活スタイルなどによって求められるものが代わってきます。

現行の給湯設備が何故使用されているのか、その設備にはどのようなメリットやデメリットがあるのかをしっかりと理解したうえで次の設備の設置を考えるようにしましょう。

給湯器は十年以上使うものです。単純に給湯器の価格が安からといって選択してしまうと逆に高くなってしまうかもしれません。

トップに戻る