岩沼市は宮城県の太平洋沿いにある都市です : 宮城・仙台・山形の給湯器の格安交換[シマツ]

電話番号画像 / 宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]岩沼市は宮城県の太平洋沿いにある都市です

一日の汚れを落とすために、またスポーツを行ったあとの汗を流すために、入浴やシャワーは欠かせません。

夏ならば冷水でのシャワーや水風呂などを利用する人もいるかもしれませんが、一般的には給湯器を利用した温水での入浴やシャワーをする人がほとんどでしょう。

特に冬場にはキッチンや洗面所でもお湯を使うことが多く、朝には家庭の複数個所で同時にお湯を使うということもあるでしょう。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]古来も現在も交通の重要な中継点である岩沼

岩沼市は宮城県の太平洋沿いにある都市です。仙台圏の中にあり、北に隣接する名取市とともに仙台空港を有しています。福島県から宮城県にかけて流れる一級河川阿武隈川の河口の北岸にある自治体です。

古来は多賀城に向かう役人などの旅館が置かれるなど、東北に向かうための重要な宿場でした。岩沼城という城があり、現在の市の名称はその岩沼城からとられています。

岩沼城の名前はその城の前面にあった沼からとられたと言われています。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]スポーツと臨空工業地帯として発展している岩沼市

古来は門前町や宿場町として栄えた岩沼市ですが、現在では東京から東北を繋ぐ国道4号線と国道6号線が通っていることや岩沼駅から仙台駅まで30分で行けるということもあり、また仙台空港の臨空工業地帯として、仙台経済圏の一部として商工業都市として発展しています。令和元年現在の岩沼市の人口は43000人ほどです。

またスポーツに関する事業に関して力を入れており、大自然の中でのアスレチックやスポーツ施設、健康増進施設などが充実したグリーンピア岩沼が市街地から10分ほどの場所にあります。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]給湯器を寿命まで使うために

給湯器の寿命は8年から10年だと言われています。初期不良や何らかの事故による損傷でそれよりも早く故障をすることもあるかもしれません。しかし、一般的には10年前後の日数が経過すると修理ではなく完全に交換しなければならないことがほとんどです。

また本来想定されている使用用途を超える使用方法をした場合、給湯器に過度の負担をかけることになってしまい、結果として本来の耐久年数よりも早く故障をしてしまうことがあります。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]通常故障するのは初期不良と耐久年数を超えたとき

設備を設置した時の故障というのはバスタブ曲線として知られています。設備を設置した直後は初期不良として故障が頻繁に起こります。その際の故障は徐々に減少していき、一定期間を経過したのち低い水準で安定します。

その後、経年劣化により部品の耐久年数などを超えて再び故障が頻繁に起こります。この発生率が下り坂、平坦な道、上り坂となっているため、その形状がバスタブのような形をしていることからバスタブ曲線と呼ばれるのです。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]それ以外の故障についてはある程度防げる

しかし、この途中の部分である平坦な道の部分でも故障は発生します。本来の寿命よりも遥かに早く故障をしてしまう原因として災害や事故などによる損傷を除けば、家族構成の変化やメンテナンスをきちんとしてこなかったことなどがあるでしょう。

給湯器には号数というものがあり、その号数によって供給できる水量が決まっています。その号数に合った使用量以上の使い方をしてしまうと耐久年数よりも早く寿命を迎えてしまうことになるのです。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]給湯器に必ず付いている号数というもの

給湯設備に関わる仕事をしている人でない限り給湯器の号数が何を表しているものなのか知っている人は少ないでしょう。この数字は給湯能力の大きさを表現しています。

号数は水道から供給されてくる水温プラス25度のお湯を一分間に何リットル供給できるかを表しています。宮城県周辺の広域平均水面温度は最も暑い八月の中旬で24度程度、もっとも寒い3月上旬で8度ほどになります。

春や秋にはおおよそ15度ほどになります。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]夏と冬では異なるお湯の供給量

お風呂のお湯は40度ほどで供給されるのが一般的でしょう。春や秋の水温が15度ほどですので、その差は25度です。

つまり、年間の温かい時期半分以上は1分間に号数リットル分のお湯を供給することができるのです。しかし冬の寒い時期にはその4分の3程度の量しかお湯を供給できないことになります。

シャワーの給湯量がおおよそ10から12リットルですので、16号の給湯器でなければ年間通してシャワーを利用することができません。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]号数を意識した使用を心がける

シャワーを使う場合には10号では問題があるでしょう。一人暮らしなら良いですが、二人以上で生活するには16号では不便な時があるかもしれません。四人暮らしなどの場合24号が必要になることもあるでしょう。

また三か所以上でお湯を使うことがある場合や、自宅が非常に広くバスルームが二か所以上ある場合などにはそれ以上のサイズの給湯器が必要になる可能性もあります。

給湯能力が低下してきたななどと感じた場合には現在の要求している給湯量に対して給湯機の能力が追い付いていない可能性があります。号数を確認してそれに見合った使用方法を心がけることで給湯器の故障を防ぐことができます。

今月のおすすめ商品宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

ノーリツ

OTQ-4705AYの画像 / 宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

「石油給湯器」 OTQ-4705AY

本体+マルチリモコン+工事費 471,960円(税込)
本体・リモコン・設置・撤去費用
面倒な事は全部コミコミ価格で
198,000円(税込)
給湯器の詳細を確認

ノーリツ

SRT-C2461SAWX-JKR BLの画像 / 宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

「ふろ給湯器(壁掛け)」 SRT-C2461SAWX-JKR BL

本体+マルチリモコン+工事費 447,120円(税込)
本体・リモコン・設置・撤去費用
面倒な事は全部コミコミ価格で
138,000円(税込)
給湯器の詳細を確認

トップに戻る