仙台市と比べても冬の厳しい古川市 : 宮城・仙台・山形の給湯器の格安交換[シマツ]

電話番号画像 / 宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]仙台市と比べても冬の厳しい古川市

水は日常生活に欠かせないものですが、冬場の水仕事などは非常に大変だと言うこともまた事実です。

こうした冬場の水仕事などを楽にしてくれるものとして給湯器があります。仙台市と比べると冬の厳しい旧大野市地域でも、給湯器は冬場に欠かせない設備のひとつです。

給湯器はお風呂にお湯を供給するだけでなく、キッチンでの皿洗いや洗面所での洗顔など日常の様々な場面でわたしたちの生活に関わるものです。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]旧古川市は平成の市町村合併で大崎市に

古川市は明治と昭和の市町村合併で昭和25年にできた市です。1994年には地方拠点都市として指定されました。2006年の平成の市町村合併で他の六町と合併し現在では大崎市となっています。旧古川市は現在の大崎市の中心となっています。

大崎市の令和元年現在の人口は7万7千人ほどです。現大崎市出身の著名人としては大正デモクラシーの立役者でもある吉野作造がいます。吉野作造が本名とは別に用いた号として吉川学人という名前があります。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]全国有数の穀倉地帯である大崎平野

宮城県北部の大崎平野に位置する大崎市はその平野が大部分であり、平坦な地形をしています。

その平坦な地形を利用した農業が盛んであり、大崎平野は全国有数の穀倉地帯で大豆の生産は全国二位です。また米に関しても古川市にあった古川農業試験場は「ササニシキ」「ひとめぼれ」「まなむすめ」などの品種を誕生させたことでも有名です。

現在でも宮城県の北の拠点である大崎市は伊達政宗が築城した岩出山城や天平時代に金が採れたことなど、多くの歴史を持っています。現在では中央部や西部に主要な交通網が通っており、東北新幹線や陸羽東線、東北自動車道などがあります。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]ガス給湯器に近い性質をもった石油給湯器

石油給湯器は寒冷地を中心や都市ガスの供給がない地域を中心に普及した給湯器です。灯油を用いて水を加熱することによって給湯をするものです。

灯油バーナーを用いて大量の水を一度に沸かす貯湯式のものが多くありましたが、現在では沸かしたお湯をそのまま供給する瞬間式の石油給湯器も作られました。

加熱する速度が非常に速いためガス瞬間式給湯器と同様に水道水の圧力のまま利用することが可能です。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]瞬間式の石油給湯器の特徴は

また瞬間式は過熱に関して細かい制御ができる点もポイントです。大きい内蔵缶で過熱し、そのお湯を利用する場合には細かい温度の調整は困難になります。

それに対して瞬間式の場合は、1℃単位で給湯温度の設定をすることが可能なのです。一方である程度の水流がなければ加熱が強くなりすぎてしまうため、少ない水量では使用できない点や給湯量が多くなりすぎた場合には温度が低下してしまうという難点もあります。

また設備そのものが高価になりやすいという点もデメリットです。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]コストに秀でた貯湯式の石油給湯器

貯湯式の場合特徴として、瞬間式のものとは反対です。まず一時的に缶体にお湯を貯めておくため、水圧が水道水に比べて低くなるという欠点があります。

また缶の中の水をあらかじめ温めるため、給湯の際に待ち時間が発生する点も問題点です。貯めたお湯を給湯するため、詳細な温度設定ができないこともあります。

しかしコストが低く多く給湯が必要な場合や構造が簡素であるため瞬間式のものと比べて設備費に関しても安価で済むという点もあります。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]石油給湯器の大きな利点は

石油給湯器全体の長所として、ランニングコストが低いということが一番の特徴でしょう。しかし一方で石油の価格に大きく影響を受けてしまうと言うこともあります。

また給湯スピードが速いため、お湯がなくなってしまいそこからは水しか供給されないということがありません。半貯湯式のものは太陽熱温水器との接続が容易である点もひとつの特徴でしょう。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]ガスや電気の給湯器との大きな違い

大きなデメリットとしては、灯油を入れておくための大型の燃料タンク設備が必要であるため、そのタンクを置くためのスペースが必要であるということがあります。

また灯油はガスや電気と違いインフラとして供給されるものではないため、定期的に自身で給油を行なう必要があるため、その給油を購入して運搬する必要があるということや給油を忘れてしまうと給湯ができなくなってしまう問題もあります。

また、独特の匂いやお湯を沸かしているときに運転音がするという、匂いと音の問題があります。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]排熱を利用して熱効率を上げた新型の石油給湯器

最近では燃焼したときの高温の排気をもう一度利用することによってより熱効率の高い給湯器も開発されました。

これは一度過熱する際に出る排気が200℃もあるため、その熱量が無駄になってしまったり、またその温度が安全上で問題があったということもあります。熱を二度利用することによって熱効率の面と安全面での改善が行なわれました。

しかし、石油給湯器は石油を燃焼してお湯を作っているというその設備の性質上、いつもとは違う音やにおいがした場合や、給湯温度が上がらなくなった場合には速やかに修理交換業者に連絡する必要性があります。

今月のおすすめ商品宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

ノーリツ

SRT-C2461SAWX-JKR BLの画像 / 宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

「ふろ給湯器(壁掛け)」 SRT-C2461SAWX-JKR BL

本体+マルチリモコン+工事費 447,120円(税込)
本体・リモコン・設置・撤去費用
面倒な事は全部コミコミ価格で
138,000円(税込)
給湯器の詳細を確認

トップに戻る