名取市と岩沼市にまたがる東北随一の国際空港 : 宮城・仙台・山形の給湯器の格安交換[シマツ]

電話番号画像 / 宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]名取市と岩沼市にまたがる東北随一の国際空港

名取市は仙台へのアクセスもよく、ベットタウンとして栄えてきました。

かつては夜間人口の20パーセント近くが昼間にはいないという周辺都市としての特徴を持っていましたが、仙台空港の発展などから現在では昼間の人口流出は5パーセントほどになっているなど企業誘致などでの改善が行われてきています。

産業構造としてはそれにともない、第一次、第二次産業から第三次産業へと変化してきました。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]東北随一で海外への直行便もある仙台空港

仙台空港は名取市と岩沼市にまたがる空港で東北随一の国際空港です。空港のターミナルは名取市にあり、滑走路は岩沼市にあります。

国内線では北海道は札幌の新千歳空港を始め、本州では千葉の成田空港、金沢の小松空港、愛知県の中部国際空港、大阪府福岡空港と沖縄県の那覇空港と、国内各地に繋がる空港となっています。

また国際線ではソウルや上海、台北などに直行便が出ています。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]仙台市からのアクセスも抜群

名取市は宮城県の中央南部にあり県の中心部である仙台市が北西にあります。西部は丘陵地帯になっており、東部は平野となっておりその平野部の中心に名取駅と中心市街地があります。

仙台空港へのアクセスは仙台駅から仙台空港アクセス線があり、おおよそ20分ごとに電車が出ています。また所要時間も仙台-仙台空港で30分以内と非常にアクセスの良い空港となっています。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]1990年以前の集合住宅に多くみられたバランス釜

少し古めの設備の住宅に住むとお風呂の給湯しかできない大きな箱状の釜が浴室に置いてあることがあります。バランス釜と呼ばれるこの給湯器はお風呂への給湯を目的としたものです。

1990年以前に作られた住宅では全国的に普及していました。浴室に置いた釜が外気との循環で給気および排気を行います。このバランスが良いことからバランス釜と呼ばれています。正式には自動給排気式のガス風呂釜という分類です。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]バランス釜と現在一般的なガス給湯器との比較

バランス釜はガス給湯器の一種です。その機構は極めてシンプルであり水道の供給とガスの供給があれば使用することができます。

着火には外部電源を利用しなくても乾電池や圧電式でよいため、他の給湯器とは異なりガスと水が供給されている状態であれば使用することができることが特徴です。

しかし、釜が浴室内にあることや浴槽に隣接した場所に設置しなければならないという点があります。また一般的な給湯器と比べてバーナー容量が少ないためお湯はりに時間がかかります。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]バランス釜の構造はどうなっている

バランス釜の構造は外気を利用して釜に給排気を行っています。給水栓から釜に水が給水されており、それによってシャワーを利用できるものもあります。

メインの給湯機構は浴槽とバランス釜が燃焼パイプで繋がっており、吸い込み口からバランス釜の中に吸い込んだ水を釜の中で燃焼しているガスバーナーで加熱しまた浴室に吐き出し口から浴槽に戻すという仕組みになっています。

浴槽から繋いだ釜でお湯を沸かし、それが浴槽にパイプで繋がっているのを想像するとよいでしょう。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]慣れるまで難しかったバランス釜の着火

バランス釜の使用をする際に気をつけなければならないことは、そのガス火の取り扱いです。古いバランス釜を使用する場合、その点火には少しコツが入ります。

ガスにきちんと点火できなかった場合には、未燃ガスが溜まってしまいガス爆発を起こす可能性があります。もうひとつ気をつけないといけないことは湯船に水が入っていない、また給水栓から給水されていないにも関わらず釜を点火してしまうことによる空焚きです。

空焚きの場合火災の可能性があります。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]最新式のバランス釜の機能は

現在のバランス釜は乾電池による連続放電で着火を行うため、以前のように着火が困難であるということはなくなってきました。また機構の小型化により浴室と外の間の壁のスペースにバランス釜そのものを壁の中に収納することが可能になりました。

この形式の給湯器は浴室内に釜があるわけではないので湿気に対する対策ができており、リモコンを使っての制御が可能になっています。そのためこの形式の給湯器でもフルオートの自動給湯が可能になりました。

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]新型のバランス釜を利用するメリット

着火の問題など、バランス釜ではない現在の集中給油システムは着火などの問題を根本的に解決したものが多く、現在では新設の住宅にバランスを導入することはほとんどないでしょう。

しかしすでに建設住みの住宅でバランス釜を利用しているものに関しては最新のバランス釜に交換することによって浴槽を広くしたり、リモコンによる自動給湯の機能を利用することができるようになりました。

住居を建設したときから利用し続けたバランス釜が故障してしまったなどというときには新しいバランス釜への交換を検討してみるのもよいかもしれません。

今月のおすすめ商品宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

ノーリツ

OTQ-4705AYの画像 / 宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

「石油給湯器」 OTQ-4705AY

本体+マルチリモコン+工事費 471,960円(税込)
本体・リモコン・設置・撤去費用
面倒な事は全部コミコミ価格で
198,000円(税込)
給湯器の詳細を確認

ノーリツ

SRT-C2461SAWX-JKR BLの画像 / 宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

「ふろ給湯器(壁掛け)」 SRT-C2461SAWX-JKR BL

本体+マルチリモコン+工事費 447,120円(税込)
本体・リモコン・設置・撤去費用
面倒な事は全部コミコミ価格で
138,000円(税込)
給湯器の詳細を確認

トップに戻る