コロナの給湯器のエラー「 A7 熱交サーミスタの短絡を検知しています。」 : 宮城・仙台・山形の給湯器の格安交換[シマツ]

電話番号 / 宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

A7 熱交サーミスタの短絡を検知しています。宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

コロナのエラー情報
故障表示 エラー内容 エラーの処理方法
A7 熱交サーミスタの短絡を検知しています。 点検または修理が必要です。販売店様かコロナサービスセンターに連絡して下さい。

今月のおすすめ商品宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

ノーリツ

SRT-C2461SAWX-JKR BLの画像 / 宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]

「ふろ給湯器(壁掛け)」 SRT-C2461SAWX-JKR BL

本体+マルチリモコン+工事費 447,120円(税込)
本体・リモコン・設置・撤去費用
面倒な事は全部コミコミ価格で
138,000円(税込)
給湯器の詳細を確認

宮城・仙台・山形の給湯器の交換[シマツ]リンナイ給湯器の耐用年数を超えた物は撤去指定

 
リンナイは1950年から90年にわたる日本の老舗企業で、その主力商品が家庭用ガスコンロや給湯器などガス製品の開発製造を主にしています。そのリンナイを90年支えたのが冬場で水仕事の辛い水の冷たさをなくすために開発された給湯器であり、給湯器の登場によって冷たい水にさらすことなくさらには水の温度を変化させることで調理用や炊事用と多岐にわたって活躍したことで需要が常にあったのです。
 
しかしそんなリンナイの給湯器ですがここまでに至る過程で順風満帆だったわけではなく、2007年に起こった事故によってそれは変わります。80年代に設置されたリンナイの給湯器が劣化することによって、給湯器のガスで炎症する仕組みが災いし二酸化炭素中毒という大事故を起こすことになります。
 
そこでリンナイではこの事故を受けて、どんなに性能が良くても耐用年数の重要性を再認識することによって70年代から2000年代前半に設置した物に対して10年の耐用年数を設置しガスがしっかりと燃やせるかどうかの点検を無償で行うことをしています。
 
そのうえで10年おきに検査をして燃焼できていないと判断された物に対しては、リンナイでは耐用年数が越えた物に対して注意するとともに撤去することを進めています。その撤去費用というのは再び設置する際の料金込みで指定されており、その金額も10万円以内で設置することで撤去した新しい物に使うことができます。

トップに戻る